Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
未分類

アウトプットは音声か文字かどちらが良いか

アウトプットは音声か文字かどちらが良いか

 

こんにちは、

アウトプットは音声か文字かどちらが良いか

最近悩みに悩んで答えを出した若者です。

 

答えは、「音声」です。

その理由は3つあります。

 

①音声の方がアウトプット量と速さが圧倒的

②音声の方が様々な『様子』を伝えられる

③文字化しなければならない時も音声入力の正確性が上がってきた

 

時代は音声です。

音声というものが最近やけに注目され始めてきているのは、

皆様も感じてはきているはずです。

 

例えば、

「Voicy」という、審査に通れば誰でもラジオを配信できたり、

「note」では音声によるコンテンツ提供もできるようになってきました。

 

では、

なぜ音声が注目され始めているかの理由に迫って行きましょう。

 

①音声の方がアウトプット量が圧倒的に多い

音声というものは1分間に原稿用紙1枚分(400文字)の情報を

伝えることができます。

※1分間に原稿用紙1枚分(400文字)というのは、

アナウンサーが目指すべき心地よい話の速度です。

 

これは、

文字で書いたりしているよりかは確実に早く情報を伝えることができますね。

情報というものは、いかに早く伝えるかということが大事なので、

文字よりも音声が優秀です。

 

②音声の方が様々な『様子』を伝えられる

これは当然のことですが、

音声だとアウトプットをしている者の様子というものを、

情報の中に入れ込まなくても伝えることができます。

焦りや悲しみ、喜びなど様々な感情を情報として入れ込むことができます。

例えば、そこに情報の信頼度も入れ込むことができます。

例えば、有名なオバマ大統領のスピーチですが、

彼の声は人が信頼感を得るのに適した高さだと言われています。

また、

1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ) というものをご存知でしょうか。

1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ)は、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ただしfは0より大きい、有限な範囲をとるものとする。By Wikipedia

などど記載されております。

訳がわからないですね。

簡単に説明すると、人間が心地いいと感じる揺らぎのことです。

「規則的」なものと「不規則」なものが調和した状態が、「1/fゆらぎ」で、体験者は心地よく快適な気分なると言われております。

たとえば水の流れる音を聞くと何だか心が落ち着ちついたことはありませんか?
そのメカニズムも、「1/fゆらぎ」なのです。

「1/fゆらぎ」を持つ歌手の方は、

例えば、宇多田ヒカルやMISIAですね。

 

こういった、

特別な安心感というものを音声だと与えることができます。

 

③文字化しなければならない時も音声入力の正確性が上がってきた

実は、すでにMac、Windows、そしてGoogleドキュメントには、

音声入力の機能が標準実装され、正確性が上がっております。

この機能を使えば、話しかけた音声をテキストで出力できます。

つまり、ボイスレコーダーに録音した音声音源があれば、それを聞かせることで実質的に文字起こしを無料で自動化実行することが可能なのです。

 

結論

音声の方が、文字よりもアウトプットの方法として優れているということを理解していただけましたでしょうか。

 

人間はより優れたものによる習性があります。

今は文字文化の最中ではあるので、革命は起きてはおりませんが、

やがて音声革命が起こるでしょう。

 

その時までに、

音声をうまく扱えるようになりたいものです。