Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
未分類

人に好かれようとするのではなく、人を好きになれ

人に好かれようとするのではなく、

人を好きになれ

 

人をあんまり好きになれない若者です。

SHOWROOMの前田さんがタイトルの

「人に好かれようとするのではなく、人を好きになれ」

という名言を生み出したことは割と有名ですよね。

 

私も、日本に限らず世界中を飛び回った背景から、

この言葉に強く共感します。

 

例えば、海外に留学したりした時、

当然最初は向こうの方々は日本人に対して少し壁を作ります。

なぜなら異質なものだから。

 

その壁を崩すにはどうすれば良いか。

それは、

自分から彼らのことを好きになり、思いやり、興味を持ち、

積極的に話しかけに行くことが何よりも大切なのです。

 

これは海外在住経験がある方なら絶対このことは身に染みているはずです。

 

これは当然日本でも言えることです。

日本だと、日本人ということで異質に思われることはまずないでしょう。

だからと言って、人に好かれるのを待っているだけでは、

一向にそんな状況になることはあり得ません。

 

海外にいる時と同じで、

こちらから積極的に興味を持ち、話しかけ、関係を構築していくことが何よりも大事になってくるのです。

 

例えば、

職場に大嫌いな上司や、後輩や、同期がみなさん一人はいると思います。

 

そんな人たちに興味を持つことは難しいとは思います。

 

ですが、

一度強引にでも、その人に対して良いところを探し、

そして興味を持ち、こちらはあなたのことが好きだよ、と示してあげてください。

 

きっと、

相手は悪い心地にはならないはずです。

 

あなたが嫌いに思っているからこそ、

相手もそれに気づき、あなたのことが嫌いになるのです。

 

そんな単純なことに人は気づかないのです。

好きになって欲しかったら、

もう少し自身への待遇をよくして欲しいのならば、

自分から積極的に好きになってもらえるよう行動しましょう。

 

SHOWROOMの前田さんは、

海外在住経験などから、この基礎的な部分を心から理解できているのでしょう。

 

当然、前田さんのように会社のトップになりたい人は、

人に好かれる必要があります。

人脈というものは、やはりとてつもなく大切なものです。

だって、会社の株主から好かれなければ、銀行から好かれなければ、

何かプロダクトを作った時にはユーザーから好かれなければ、

成功なんてありえません。

 

つまり、

人生で成功したいのであれば、

人に好かれる方がいいんです。

だからこそ、人を好きにならなければならないのです。

 

これは、

誰しもが分かっているけど実践できている人は少ない大事なことです。

 

やるかやらないか。