Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
ブロックチェーン

【要約・書評】「暗号通貨vs.国家」

【要約・書評】「暗号通貨vs.国家」

こんにちは、
戦略コンサルタントのシータです。

今回は、
坂井先生著「暗号通貨vs.国家」を読みました。

坂井先生は本の書き方が日本的ビジネス書とは少し毛色が違う。
ストーリー形式で語られているので読むスピードがどんどん早まっていく快感があった。

正直、
ビットコインのトランザクションの仕組みや、
暗号化の仕組みは詳しくはこの本では理解しきれない。

だが、
「暗号通貨」に関して、様々な面から端的にかつ的確に述べられているので、
初学者にとっても非常に読みやすいものとなっている。
また、仮想通貨に精通している方にとっても「暗号通貨」への新たな見方を増やすことのできる本だと思いました。

「暗号通貨vs.国家」要約

暗号通貨は「反国家」ではなく「非国家」。
金と国家を切り離し分散管理させることは不可能ではなく、
その根本技術であるブロックチェーン技術は社会を変革する可能性を秘めている。

「暗号通貨vs.国家」章ごとの要約

第1章 神はビットコインを創成し、やがて姿を消した

経済的自由主義には、
国家による通貨の管理を良しとしない考えがある。
そもそも通貨の本質とは、「交換の媒体」である。
なので、いかに法律が通貨と認めても、市場に認められなかったら通貨にはなり得ない。
また、国家が金を発行できる主体であるからこそ、戦争は起こり過激化する。
上記の点より、国家の金の切り離しは現実味がないことではない。

 

第2章 そもそもATMは魔法の箱なのだ

ATMや銀行を通じての送金は第三者がいるのでその分手数料も取られる。
それは国際送金でも同じことが言える。
そこで、P2P(個人間での通信)を活用する。
だが、そこには第三者機関がないのでダブルスペンディングの問題が発生する。
そのダブルスペンディングの問題を解決したのが、ブロックチェーンである。

 

第3章 ブロックチェーンの生態系には、人間も機会も黄金もある

ブロックチェーンには、「ユーザー・マイナー・ノード」と言われる三つの役割がある。
その3つの立場があり、ブロックチェーンによってPoWやPoC,そしてPoSなどの異なる同意形成アルゴリズムを持っている。

 

第4章 暗号通貨の社会はめちゃくちゃ人間くさい

ブロックチェーン業界は中央集権体制ではないので、
様々なコミュニティが多く分散している。
その中でお互いの宗派を主張し、
ハードフォークなどを起こしたりする。
ブロックチェーン業界はそう言った人間くささがあるのだ。

また、
ネットワーク効果は当然通貨であるビットコインにも通じるものであるが、
ナッシュ均衡によって一斉に法定通貨から移動されることは閾値を超えない限り厳しい。

 

第5章 超絶的な自動販売機イーサリアム

イーサリアムとはスマートコントラクトと言う仕組みを、
アプリケーションとして乗せられるプラットフォームである。
スマートコントラクトはトラストレスで取引ができる。

 

第6章 正社員は減っていないし、会社は無くならないし、電子化はそう進んでいない

技術の変化のスピードと、社会の変化のスピードは同じではない。
日本でのいくつかの変化がここでは述べられている。

以上が、
本書の要約です。

是非、
この本を手に取り、「暗号通貨」の世界に足を踏み入れてください。