Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
コンサルティング

【レビュー・要約】「最高の結果を出すKPIマネジメント」

【要約】最高の結果を出すKPIマネジメント

レビュー

ビジネスを数値で見ることが求められ、その高い成功率が認められた昨今、
KPIというものに注目が集まっている。
しかし、ビジネスサイドの人間でKPIを上手く設計できている人は数が少ない。
下手なKPI設計だと、現場側の人間のストレスが溜まり、組織として良い影響を及ぼさない。
では、KPIを事業を成功させるための指針として成立させるためにはどうすれば良いか?そしてKPIとKGIの関係性とは何か?KPIを具体的にどのようなステップで組み立てるべきか?などの疑問に答えてくれるのが、本著『最高の結果を出すKPIマネジメント』である。

著者の中尾隆一郎氏は、11年間にわたりリクルートグループ内の勉強会で「KPI」「数字の読み方」という看板講座を受けもってきた。著者自身が新規事業を立ち上げ、KPIマネジメントを実践して軌道に乗せた経験も持つので、本著の内容にも信頼が伴う。

KPIは会社・事業が目指す事業に到達するための信号である。
KPIマネジメントを制するものこそが成功を掴み取るといっても過言ではない。

全体要約

KPIマネジメントは単なる数値のマネジメントではない。
KPIなのでたった一つの重要なindicatorでなくてはならない。
そのKPIを設定するためには、KGIを設定し、そこからCSFを見つけKPIにする、という『後から考える』プロセスが重要である。

第1章 KPIって何ですか?

KPIは「key performance indicator」の略。
つまり、KPIとは「事業成功」の「鍵」を「数値目標」で表したもの。
つまり、事業成功とは何か、を理解していることがKPIマネジメントの起点になる。
CSFは「重要成功要因」。
KGIは「最終的な目標数値」。
上記の3つを、KGI→CSF→KPIの順に設定すると、イケてるKPIを設定できるようになる。

※KPIマネジメントの正しいステップ
①KGIの確認
②ギャップの確認(現在とKGIのギャップ)
③プロセスの確認(モデル化)
④絞り込み(CSFの設定)
⑤目標設定
⑥運用性の確認
⑦対策の事前検討
⑧コンセンサス
⑨運用
⑩継続的に改善

第2章 KPIマネジメントを実勢するコツ

KPIはたった一つであること。
そして、KPIは経営者のものではなく、社員全員のもの。
だからこそ、誰にでもわかるような簡単なKPIでないと意味をなさない。
また、PDDS(Plan→Decide→Do→See)を短時間で回し続け、必ず「振り返り」をする時間を持つべき。
KPiマネジメントの理想は、全社員がKPIを理解しており、それが悪化した場合に、各現場で打ち手を考え実行できる環境である。

第3章 KPIマネジメントを実践する前に知っておきたい3つのこと

会社の方向性を「構造」と「水準」で掴むべき。
会社全体のKGIは利益であることを心にとどめておくべき。
利益を上げる方法を模索するときは、事業戦略・戦術に関係が小さい項目を定数にすべき。

第4章 様々なケースから学ぶKPI事例集

過去の実際におきた事例とともに、どのようなKPIが作られたかが記載されております。

第5章 KPIを作ってみよう

KPIを事例とともに作っていくことが可能。

以上、
KPIマネジメントをぜひ実践してほしい。