Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
未分類

大手企業かベンチャーか議論

「大手企業に入るべきかベンチャー企業に入るべきか」

 

こんにちは。

戦略コンサルタントのシータです。

 

本日は、

よく比較される「大手企業に入るべきかベンチャー企業に入るべきか」について、

少し話してみます。

 

「大手企業に入るべきかベンチャー企業に入るべきか」

私の結論は、

「そこに永年就職するわけでもないなら、どっちでも良い」

です。

なぜなら、

「人それぞれ」だから、と言う逃げは無しにして、

大手企業でもベンチャー企業でも学べることは確実にあるからです。

 

大手企業に入って数年で退職した人で、

「大手企業はクソだ」なんて言っている人がいます。

その人の個人体験がどうだったかは詳しくわかりませんが、

そんな言葉に流される情報リテラシーが低い人にはならないでください。

 

そういや、

某スーパーサラリーマンと某サロン運営者の間で勃発した議論を踏まえ、

 

と言う意見がありました。

 

こちらの意見に私は全面的に同意します。

 

新卒フリーランスとか入社後即フリーみたいなキャリアでは、

やはりトラブルが発生した時に、

どう振る舞うか、

また、

より長期的な目線でどのような対応をとれば自分に得があるかを計算する力が身につきにくいのでは、と思います。

 

私自身は大手企業に属しながらベンチャーにも参入しておりますが、

やはりどちらが極端に良い悪いではなく、

どちらにも学べるメリット、使えるリソースが転がっており、

うまく利用して生きていくのが最適解です。

 

ざっくり、

大手企業で学べること、

ベンチャー企業で学べることをまとめます。

※より深く経験でき学べると言う点で羅列します。

 

大手企業で身につけられる能力

・リスクマネジメント能力

・責任能力

・社内調整力

・コミュニケーション能力

 

ベンチャー企業で身につけられる能力

・行動力

・実行力

・会社全体を俯瞰的にみて行動する能力

・将来を見通す力

 

ありきたりな羅列をしてみましたが、

実際に両方の環境で働いてみると、社員の上記に挙げた能力の偏りに気づきます。

 

正直、

大手企業にいては、会社全体の利益のためにどう動くかなんて考える機会がありません。

上司に与えられたタスクにプラスアルファで返すことに精一杯で、

それがどのように会社の利益に直結しているかなんて考えないでしょう。

(利益に直結しないただの雑務もありますが。。。)

 

また、

先ほど上記でも挙げたように、

ベンチャー企業に在籍していては、

本当に大きなトラブル、エラーが起きた時にどのように振舞っていいか学ぶことができないのです。

大手企業ではミスすると、

それが割と大きな問題になっていることが多々あります。

 

その時上司がどう振舞っているかを近くでみることが出来るのは、

大手企業の特権ではないのでしょうか。

扱うお金の金額がやはり違いますから。

 

だからこそ、

極端に「脱社畜」とか煽るのはあまり好きではありません。

社畜なりに学べることも身につくこともあります。

 

その利点を踏まえた上で、

人の煽りではなく自分の未来から逆算してどのルートが良いかを考え、

行動していってほしいなと思います。

 

ある会社に入社したからといって、

そこに死ぬまで縛られる時代ではございません。

 

昔と比べて、

今は「辞めやすい」時代です。

 

個人の自由が反映されやすい時代です。

人に流されず、自分で考えて行動していきましょう。