Blog of a Consultant
Offering information about Blockchains and Consulting
ブロックチェーン

【初心者向け解説】チケット管理システム「ちけっとピアツーピア」とは?

【初心者向け解説】ブロックチェーンを利用したチケット管理システム、「ちけっとピアツーピア」とは?

※ここで言う初心者とは、
ブロックチェーン(公開台帳)という言葉のみは聞いたことがあるが、良くは理解していない者を指します。

 

こんにちは、

LCNEMでCMO,CCO,CRFを担当しておりますシータ(@thetalcnem)です。

先日、LCNEMは、「ちけっとピアツーピア」というサービスをプレスリリースしました が、リリース後の印象として、「仕組みが難しくてよくわからない、、、」「結局、何が解決されるの?」など、思った方も多かったです。

そこで、

・「ちけっとピアツーピア」って何?

・どんな課題を解決する?

・「ちけっとピアツーピア」が与えるソリューション

について書いていこうと思います。

 

「ちけっとピアツーピア」って何?

一言で言うと、チケット管理システムで、
「チケットぴあ」,「e++」などと同じ類のものです。

どんな課題を解決する?

そもそも既存の課題は何を示すかというと、「転売」です。
※チケット転売とは購入したチケットを他の人に定価よりも高額で売ること

では、チケット転売が何が問題かを挙げると、

(1)チケットが本当に欲しいファンがチケットを手に入れることが出来ない

(2)高額な転売チケットを購入したファンが経済的負担を受け、グッズ購入などの資金が減る

(3)入場できないチケットや偽造チケットが売られるなど犯罪の温床となる

ことがあげられます。

チケット転売問題に関しての、過去の意見や事例を挙げると、

・私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します。チケットの高額転売の弊害が音楽を愛するファンに及んでいる状況を放置
www.tenbai-no.jp
・自動ソフトの申し込み9割 チケット転売にIT悪用か

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3451825023082018CR8000/

などがあります。

上記のような意見もありますが、

私たちLCNEMは技術的な落としどころとして以下のソリューションを提案します」

 

・「ちけっとピアツーピア」が与えるソリューション

転売対策には様々なソリューションがありますが、
「ちけっとピアツーピア」では、
ブロックチェーン(公開台帳)を使い転売防止策を打ち出しました。

※ブロックチェーン…簡単に説明すると、ネットワーク上のやりとりの記録を皆で保管し、監視する仕組みのことを指します、
身近な例でいえば、1度記録されたら修正ができない通帳のような記録方法。
「分散型台帳技術」「分散型ネットワーク」とも呼ばれています。
ネットワーク上で一定の取引がなされるとその記録を一つのブロックに保存し、一定数が溜まるとまた新たなブロックを発行します。このブロックが永遠にチェーンのようにつながっていくため、ブロックチェーンと呼ばれています。
ここで大事なのは、皆で監視していて修正が出来ないということ。
この点を前提に以下の「ちけっとピアツーピア」のソリューションに関して読み進めていただきたい。

「ちけっとピアツーピア」は、
転売を発見した者が通報することでインセンティブ(報酬)を得られるよう設計して、

『転売』という課題を解決します。

 

【通報インセンティブ(報酬)の仕組み】

1, 転売が行われていることを発見した人が、NEMブロックチェーンにトランザクションを送る。(転売をしている者のNEMアドレスに0XEMを送金する、など)

※トランザクション…取引
2, 主催者が指定した報酬の分、トランザクションを送った人、つまり通報した人にインセンティブとしてxemを付与する。

上記にかかるコストは、通報した人は送る動作だけ。わずか1分程度。主催者の場合は報酬分のプライスコストのみです。

従来のデータベースシステムでは、

このようなシステムを作り上げることは難しいものでした。
なぜなら、ただの通報フォームだと、A氏が通報したのに「先にB氏が通報したので報酬はなしです」という虚偽も起こりうるからです。
しかし、「ちけっとピアツーピア」ではブロックチェーン上に改竄不能な状態で誰がいつ通報したかが記録されているので、そういった問題は起こりえません。

また、
既存スマホチケットはユーザーは運営会社とそのシステムを信用して使いますが、
「ちけっとピアツーピア」はブロックチェーンが情報基盤なので、ユーザーにとってシステム障害でデータが失われる心配がないです。

結論

「ちけっとピアツーピア」とは、

転売自体を不可能にするのではなく、転売の『通報』を誰でも発行可能なトランザクションとして改竄不能・データ保持なブロックチェーンに記録することで、
透明性を持たせつつ、あらゆる人に通報のインセンティブを与えることで結果的に転売を防止することを目指したチケットシステム。

※技術的かつ経済的な根拠を知りたい方は弊社CEOの下記ブログ記事を参照いただきたい。

https://yu-kimura.jp/2018/09/20/ticket-p2p/

以上が「ちけっとピアツーピア」の説明です。

 

最後に、LCNEMメンバー募集に関して

ステーブルコインを中心にブロックチェーン利用のシステム開発、コンサルティングを行っているLCNEMは、メンバーを募集中です。

パートタイム可
リモートワーク
業務委託契約、雇用契約いずれも可
* 2日に一回ペースのパートタイムもいるので、パートタイムの頻度は気にしなくて大丈夫です。
業務内容

・ フロントエンドエンジニア(Angular,TypeScript)
・ バックエンドエンジニア(Angular,TypeScript
・ ブロックチェーンエンジニア(Go・CosmosSDKを使った独自チェーンの 開発)
・ UI/UXデザイナー
・ マーケティング
・ その他事務
のいずれか一つ
LCNEMのtwitterまでDMをお送りください。